i-pillは、インドの有力店舗製薬会社であるシプラ社が開発した緊急避妊薬(アフターピル)である。性交後72時間以内のできるだけ早い時期に緊急避妊ピルを認可することで、排卵を抑制して受精を防ぎ、受精卵の子宮への着床を防ぐことが期待できる。以前はヤッペ法(プラノバを2錠飲んで、昼間にさらに便利な2錠を飲む)がよく使われていましたが、現在はレボノルゲストレルが使用でき、効果も高く副作用も少ないので、緊急避妊法としてWHOでも推奨されています。

妊娠除外率とは、妊娠すると予想される人数と実際に妊娠した人数の比率を算出したデータです。臨床試験では、妊娠阻止率はおよそ81%であり、緊急避妊の確率が高いことを示しています。アフターピルは、避妊に失敗した時期にホルモンの均衡を保つことで、妊娠のリスクを減らすことを目的としているので、使用する際には注意が必要です。

次の月経が予定より早く来たり、ゆっくり来たりすることがあります。また、月経だと思っていた出血が、実は不正性器出血や妊娠初期の出血である可能性もあります。月経がいつもより長い、あるいは通常の月経ほど重くないという場合は、3週間を目安に受診してください。

避妊具としてコンドームを使っている方は、コンドームが割れてしまったことはありませんか?コンドームによる避妊の失敗率は10%程度と言われています。コンドームが破れてしまい、その中で行為をしてしまうと、女性は次の生理が来るまで不安な気持ちになるのではないでしょうか。そのような場合に、望まれない妊娠を解消するテクニックとして、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を使用することがあります。

日常的にピルを服用することで妊娠の不安を割り引きたい場合は、経口避妊薬(低用量ピル、中用量ピル)を使用するのが一般的です。ただし、ピルを服用していても、避妊に失敗したと思ったら早めに病院へ行くことがNo.1の対策となります。WHOの必須医薬品カタログにも掲載されていますし、レボノルゲストレルを使った緊急避妊チップも国際社会では通常の方法とされています。

人気の理由のひとつは、破格の値段で購入できるアフターピル「ノルレボ」のジェネリック医薬品であり、望まない妊娠を阻止する救世主となることです。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、緊急避妊効果が顕著で、吐き気などの副作用が弱い左記の成分のみを抽出しています。

行為後、時間が経過すればするほど、避妊できる可能性は低くなります。特に、120時間を過ぎると著しく低下します。避妊に失敗したと思われる場合は、お早めにご相談ください。希望する摂取量は、性行為後24時間以内とされています。妊娠を望まないのであれば、そもそも本気の性行為を避けるのが一番ですが、彼氏の心境や状況によっては、必ずしも避妊ができない場合もあります。しかし、彼氏の気持ちや状況によっては、必ずしも避妊できるとは限りません。