トリキュラーを飲んでいるスパンでは、このエラーが起こり続けているため、卵子や乳児が排卵せず、精子と受精しないため、妊娠を防ぎ、高い避妊効果が得られると言うわけです。トリキュラーは、日本国内のクリニックで処方してもらうことができます。低用量ピルなどの避妊薬は保険適用外なので、すべて自己負担になります。

ただし、飲み合わせに注意が必要な薬もあるので、受診の際には必ずピルを服用していることを伝えましょう。相性が悪いと、避妊効果が損なわれたり、副作用が強く出たりすることがあります。トリキュラーは、黄体ホルモンのレボノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを有効成分とする第2世代の3相性ピルです。

排卵は、性腺刺激ホルモンの1つであるはずの黄体形成ホルモンが大量に分泌されることで起こります。この黄体形成ホルモンの分泌がトリキュラーによって制御されると、排卵が起こらなくなる。月経のテンポが乱れると、ホルモンバランスの乱れや情緒不安定、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなります。トリキュラーで月経周期を正常に戻すことで、そのような乱れを元に戻す効果が期待されます。また、トリキュラーは、生理周期を正常な状態に戻すことができるため、生理周期が乱れがちな方にもおすすめです。

トリキュラーは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンで排卵を緩め、妊娠を予防する低用量ピル(避妊薬)です。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストゲン)という妊娠や女性の身体機能の継続に関係するホルモンが混ざり合い、体内に浸透することで人体をすでに妊娠していると誤認させ、排卵を抑制するものです。

トリキュラーは、ホルモン量の異なる3つの錠剤を順番に服用する第2世代の三相性ピルです。トリキュラーは、ドイツのバイエル社によって開発された経口避妊薬です。低用量ピルの代表格で、日本でも多くの婦人科・産科で処方されています。体のむくみや吐き気など、つわりに似た症状が副作用としてとらえられることがありますが、トリキュラーは体型への負担を軽減することができると考えられています。ピルが苦手な方や、ピルに抵抗があったお客様にもオススメの薬です。

コンドームは男性から信頼されている避妊法ですが、トリキュラーのような低用量ピルは、女性が自分でできる避妊法としてとても有効です。女性自身がコントロールを維持できるため、経口避妊薬による避妊は他の避妊法に比べて安定し、妊娠の可能性も低くなります。ピルの中で最も副作用の少ない低用量ピルは、正しく服用すれば避妊成功率は100%に近いと報告されています。