サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害剤である。体内のPDE酵素は1型から11型まであり、PDE5型は陰茎に最も多く存在します。サビトラの製造に欠かせないのが、2003年にインドで開業した製薬会社「サバ・メディカ」です。サビトラの製造に欠かせないのが、2003年にインドで開業したサバ・メディカ社です。

薬の効果には個人差があります。初めてサビトラを利用する方や、自分の習慣に合った容量がわからない方は、成分量が控えめな傾向のあるサビトラ10mg錠を選ぶとよいでしょう。サビトラ10mgの効果に満足できない場合は、1回に2錠(バルデナフィル20mg)に増量することも可能です。ED治療薬が初めての方や、有効成分の量が多い薬で副作用を経験したことがある方にもおすすめです。

PDE5には、陰茎の勃起を困難にする効果があるとされています。陰茎付近の動脈を弛緩させて勃起を促す作用を持つサイキックGMPと、サイキックGMPの働きを阻害して勃起を貯めるPDE5のバランスが適切に調整されることで、若々しい勃起を維持できると考えられています。サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、ED改善効果を検証するために臨床試験にかけられ、10mg錠で85.3%、20mg錠で86.4%の開発比率を記録しています。いずれもバルデナフィルの勃起不全の症状改善効果は85%以上であることが証明されており、サビトラにおいても同程度の効果が期待できます。

サビトラは、バルデナフィルを有効成分とするレビトラのジェネリック医薬品であり、EDの症状を改善する勃起不全治療薬の一種です。PDE5は、人が性的な意欲を持ったときに分泌される環状グアノシン一リン酸(cGMP)を分離し、cGMPによって血管が拡張して血液の流れる容量が増え、陰茎が勃起します。PDE5によってcGMPが分解されると、血管が元のクラスに戻り、勃起が緩和されるのです。cGMPがPDE5によって分解されると、血管は元のクラスに戻り、勃起が緩和される。PDE5の作用とcGMPの断片化を阻害することで、サビトラは勃起を維持することができるのです。

サビトラの副作用は人によって異なりますが、頭痛、腰痛、筋肉痛、胸の圧迫感、顔の紅潮、鼻づまりなどが起こる可能性があります。いずれも軽い症状で、時間とともに治まります。ジェネリック医薬品は、最新薬であるレビトラよりも低価格で購入することができ、コストと効果のバランスに優れていることが理由の一つです。