ビマットとグラッシュビスタの有効成分であるBimatoprostは、もともとルミガンという緑内障治療薬として販売されていました。1日1回服用することで眼圧を下げ、緑内障を改善する点眼薬です。ルミガンは今でも緑内障の点眼薬の主流として非常によく使われています。そのため、ビマトプロストを配合した「グラッシュビスタ」は、まつ毛貧毛症の治療薬として、2014年3月に販売を開始しました。

睫毛貧毛症とは、睫毛の量が不足していたり、今ひとつだったりすることを特徴とする疾患です。原因は、老齢、皮膚疾患、痛み、過労などです。ビマットの有効成分を用いた臨床試験では、まつげの間隔、太さ、特徴密度の3つのタイドすべてで成長が認められました。臨床試験では、睫毛乱生症の患者88名を対象に、4ヶ月間の治療後、根元のシルエット(治療前の状態)からの状況の変換を分析しました。
副作用のひとつとして、まつ毛や眼球周りの毛が増えることが確認され、まつ毛を伸ばす薬として注目されました。

2001年3月に米国で眼圧亢進症の治療薬として初めて承認され、その後、世界75カ国で承認されています。ルミガンは当初、緑内障の治療薬として使用されていましたが、まぶたに使用することで、まつ毛を優位に太くする効果があることがわかり、今後も継続していきたいと考えています。

毛を抜くと、次の毛が配されるまでの間、毛穴は休眠期に入ります。ビマトプロストは、毛根を取り巻く細胞のメラニン合成を促進します。しかし、まつ毛が伸びてフサフサになると副作用が多いので、発想を変えて「グラッシュビスタ」という新しいまつ毛育毛剤を作りました。ほとんどの場合、1〜2ヶ月で急激にまつ毛が増えますが、使用をやめると徐々に以前の状態に戻ってしまいます。

即効性には個人差がありますが、使い始めてから約1ヶ月ごとに効果が現れてくるはずです。3ヶ月以上継続してお使いいただくと、すぐに効果を実感していただけます。使い続けないと効果は実感できませんので、熱意を持って使ってください。ビマットは、まつげ育毛剤「ルミガン」のジェネリック医薬品で、有効成分としてビマトプロストが考えられています。すでに有名なルミガンやケアプロストと同じ効果があります。アジャンタ・ファーマ社によって大量生産・販売されています。

ルミガン・ジェネリック(ピマット)の主成分はビマトプロストで、緑内障の薬にも使われていますが、まつ毛が高くなるなどの副作用が求められて完成しました。使用者のまつげについて、平均して分離度25%、密度106%、コントラスト密度18%の向上を目指し、現在はまつげ美容液として人気があります。