美容面だけでなく、特発性まつ毛貧毛症や、がんなどの化学療法によるまつ毛貧毛症に対しても育毛・発毛効果があります。このように、ミルガンの副作用は、日本ではあまり知られていません。また、ミルガンの副作用は、軽いかゆみで報告がないため、活動的な女性や高齢者に人気があります。

一方、本製品と同じ商品名のルミガンは、日本では緑内障治療用点眼薬として承認されています。どちらもビマトプロスト0.03%が配合されていますが、まつげ育毛剤としては承認されていません。ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、毛包(毛根を包んでいる会社)にオーガズムを与えることで「成長期」を長くすることができます。

緑内障の治療薬としてアイドロップ(点眼薬)として使用されていましたが、臨床試験でルミガンを使用した緑内障患者の46.13%が副作用としてまつ毛の成長(とりあえず、肥満で~という見出し)を報告しています。毎日塗っていれば、太くて長いまつ毛に育つと言われており、塗り続ければ満足できるまつ毛になると思います。

ルミガンを継続的に使用した場合、総収入2ヶ月程度で効果を実感し、総収入4ヶ月程度で最大の手応えを得ることができます。効果の出始めには個人差がありますが、ほとんどの方が使用開始2~1ヶ月目でルミガンの効果を実感し、4ヶ月目の報酬まぶたで最大の効果に達すると言われています。

まつげエクステは、まつげを美しく見せるために、まつげの長さを変えたり、まつげの長さを変えたり、まつげの長さを変えたりします。
これは、まつげを長くしたり、サイズを変えたりする働きがあり、まつげの大きさや密度、体格を改善する実用的な効果があると言われています。LUMIGANの有効成分であるビマトプロストは、2008年に米国食品医薬品局(FDA)より、まつ毛の成長不良の治療薬として承認されました。

ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、ヘアサイクルに働きかけます。ヘアサイクルとは、まつげの成長サイクルのことです。肥満体で何日もかけてまつ毛が成長する成長期、母細胞が消滅して成長が凍結する退行期、そして毛が抜けなくなる停止期があります。美容皮膚科などの医療機関で医師から処方してもらうことができますが、保険適用外のため、1本2万円と高額です。

日本でも「グラッシュビスタ」というブランド名で販売されており、ジャンボな人気を誇っています。使用4ヶ月ごとの収入で、まつ毛のキロ数が25%アップ、密度が106%アップ、まつ毛の濃淡が18%アップしたという情報があります。