アフターピルの通販では、アイピルやポスティノール、エラワンなどが人気です。これらは、ベストケンコーやオランダ屋、オオサカ堂などの個人輸入代行サイトからネット通販で注文可能です。送料無料で発送してくれ、1~2週間ほどで自宅に届きます。届くまで時間がかかるので、事前に数箱まとめて注文しておくようにしてください。

アフターピルは、ゴムが破損して避妊が不十分だった緊急時などに妊娠を回避するためのお薬です。『緊急避妊用ピル』、『アフターピル』、『モーニングアフターピル 』などと呼ばれます。避妊に失敗した後、72時間以内に服用することで、高い確率で妊娠を回避することができるピルのことです。

アフターピルは、妊娠しないことを保証するものではありません。しかし、非常に有効な避妊方法です。ノルレボの避妊効果は85%ですが、ヤッペ法は現在57%のレベルにとどまっているとされています。この有効性の誤差と、ノルレボの副作用(吐き気)の少なさを根拠に、ここではノルレボが主流になっています。本当に、この結果だけを見ると、ノルレボがすぐに導入されているのは明らかです。

アフターピルの服用が避妊の失敗につながるのではないかという疑問については、先ほど申し上げたように、100%妊娠しないとは言い切れませんから、避妊に苦労する可能性はあります。しかし、実際のところ、アフターピルを飲めば、飲まないよりもはるかに妊娠のリスクを減らすことができるので、正しい用法・用量で、できるだけ早く飲むことがポイントです

緊急避妊薬なので、基本的には避妊に失敗したときのみ服用するのが正しい飲み方です。正しい飲みみ方は行為後にすぐ飲むことです。
妊娠のリスクを減らすために日常的にピルを服用したい場合は、経口避妊薬(低用量ピル、中容量ピル)を使用するのが一般的です。ずっと、ピルを飲んでいても、避妊具の粗相をしたと思ったら、できるだけ早く病院に行くのが推奨されています。

アフターピルを飲むときは、タイミングが重要です。アフターピルを飲み続けている人は、昼、24時間、48時間、72時間と時間が経つにつれて妊娠の可能性が高まることに気づいていると思います。主な副作用は、吐き気、頭痛、下腹部痛、胸部不快感、疲労感、子宮からの出血などです。

原則として、アフターピルを使用せずにやり過ごすのがベストですが、時には、頼まれてもいないのに強引な行為をして、妊娠を回避できない状況に陥ることもあるでしょう。そのような時は1人で悩むのではなく、婦人科やレディースクリニックへ行き、医師からアフターピルを処方してもらうようにしてください。個人輸入でもアフターピルは入手できますが、配送まで2週間ほどかかることに注意してください。

残念ながら、ヤッペ法もノルレボ錠も100%の効果はなく、97%程度の効果があります。緊急避妊は一時的な避妊であり、より確実な避妊のためには、トリキュラーやマーベロンといった低用量ピルを継続的に服用する必要があります。時間が長ければ長いほど、避妊できない割合が高くなりますので、適切な時間に適切な方法でピルを服用することが大切です。