ノルレボはアフターピルの代表格で、海外個人輸入では同一成分のピルを通販可能です。オオサカ堂やベストケンコーなどの通販サイトでは、アイピルやポスティノールといった商品が人気です。特にアイピルの人気が高く、ベストケンコーでは10箱セットを7,500円で販売しています。アフターピルは非常に高価ですが、個人輸入なら1回750円のコストで済みます。

ノルレボはアフターピル(緊急避妊用ピル)の一つで、有効成分はレボノルゲストレルというホルモンです。レボノルゲストレルは多くのアフターピルに含まれている成分です。ノルレボの主成分であるレボノルゲストレルは黄体ホルモンの一種で、子宮内膜や子宮頸管粘液を正常に保ち、排卵の流れを遅くして子宮に到達させにくくし、妊娠を防ぐ働きがあります。

アフターピルは、通常の低用量ピルとは異なり、普遍的な時間に低用量ピルを服用する手間をかけずに、後から避妊することができるのが特徴です。また、従来のアフターピルとは異なり、1回の服用で2錠作られているため、女性ホルモンの急激な上昇を防ぎ、他の緊急避妊薬に比べて副作用が軽減されています。

緊急避妊は、事前避妊とも呼ばれ、何らかの理由で避妊ができなかった場合に、性交後の妊娠を防ぐ方法です。緊急避妊の場合、ほとんどのケースでアフターピルが使用されます。中央のペルニノーゴピルは、妊娠を防ぐ緊急避妊薬です。ノルレボの有効成分であるレボノルゲストレルは、排卵を禁止し、受精が起こらないようにします。

ノルレボの有効成分は、レボノルゲストレル0.75mgです。レボノルゲストレルは、「排卵を抑制する」「子宮内膜の増殖を抑制して受精を阻止する」「子宮頸管粘液を変化させて受精するのを阻止する」という3つのタイミングでの作用により、高い避妊効果を発揮します。ノルレボを服用することで、排卵や着床を妨げることで、望まない妊娠を防ぐ緊急避妊の効果があります。いざという時のために、有効成分を素早く取り入れられることから人気の高い商品です。

服用のタイミングとしては、行為後72時間以内がベストとされていますので、できるだけ早く体に取り入れることが大切です。より早く服用できるようにするために、Norlevo(ノルレボ)を常備しておくことをおすすめします。パートナーから「ゴムなしでたい」と言われ、断れずに避妊せず行為に及んでしまい、次の生理まで不安になっている女性も多いと思います。ノルレボは、病院に行く時間や不安がない方に人気があります。

行為から72時間以内に服用した場合、妊娠を分割する確率は、海外の臨床試験で84%、日本では81%と報告されています。最悪のケースでも、ノルレボを受け入れることで妊娠を回避することができます。通常の経口避妊薬(ピル)は毎月、特に分割して服用しますが、ノルレボは緊急避妊の目的で使用します。お薬が有効になるまで約3時間かかります。