超低用量ピルと言われるヤスミンは体への負担が少なく、非常に飲みやすいのが特徴です。トリキュラーやマーベロンなどの定番商品と比較した場合、多くの女性が継続しやすいと回答されています。ベストケンコーやオオサカ堂、オランダ屋などからヤスミンは通販でき、海外版のヤーズ(Yaz)という商品が人気です。

ヤスミンは、第4世代の超低用量ピルです。第4世代のピルは、第3世代以前に比べて体重増加やニキビの発生が少ないと言われています。超低用量ピルとは、卵胞ホルモンの量を3mg以下に抑えたピルのことで、これまでよりも副作用が出にくくなっています。

低用量ピルは、子宮頸管粘液の粘度を変え、また子宮への着床をコントロールするため、どのクラスでも望まない妊娠を避けることができます。また、避妊だけでなく、月経困難症(月経痛)やPMS(月経前症候群)の緩和、月経回転の安定化などにも効果があり、快適な生活をサポートします。

ヤスミンは、2段階の女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)を有効成分とする低用量ピル(経口避妊薬)です。低用量ピルは、女性が自分で月経や妊娠をコントロールできるもので、正しく服用すれば、避妊効果が100%になることはありません。ドロスピレノンは、天然の黄体ホルモンによく似ていることから、自然に作用します。肌トラブルの原因となるアンドロゲン(男性化)作用が起こりにくく、しみのある肌トラブルを防ぐことができます。ピルの服用による副作用に悩まされているパートナーや、ピルに抵抗のある方、初めてピルを受け入れる方など、体への息苦しさを軽減したい方におすすめです。

ドイツのバイエル社が製造するヤスミンは、低用量ピルに比べて体への負担が少ない超低用量ピルです。ヤスミンは、有効成分をできるだけ少なくした超低用量ピルになります。黄体形成ホルモンのドロスピレノンと卵胞形成ホルモンのエチニルエストラジオールが卵胞の動きを抑制し、排卵を消失させます。ヤスミンは一般的に国内での処方が認められていないので、個人輸入で維持するのが一般的でしょう。

ヤスミンは、黄体ホルモンに似た働きをするドロスピレノンを配合した第4世代の低用量ピルで、バイエルシェリング社が販売しています。従来の低用量ピルの避妊効果を維持しつつ、ニキビやムダ毛などの副作用の発生を抑えるように設計されています。ヤスミンは、月経困難症や月経間隔の異常の治療にも用いられます。受精がうまくいかずに子宮内膜が剥がれ落ちると、下腹部の強い痛み、吐き気、憂鬱な気分などの月経困難症の症状が現れます。

ヤスミンの有効成分であるドロスピレノンは、排尿量を増加させる利尿剤です。ドロスピレノンは黄体ホルモンとしてヤスミンに配合されていますが、本来は体内に水分を溜める力を抑制する成分です。低用量ピルは、排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませ、ホルモンの割合を正常に戻すことができるため、避妊だけでなく、月経困難症、子宮内膜症、更年期障害、PMS、難治性のニキビなどの治療にも効果があります。