すでに排卵が起こっていても、妊娠が永久に終了するまでに3~4日の猶予期間があります。レボノルゲストレルによって子宮内膜が刺激され、成長します。成長を早めることで、受精卵が子宮内膜に到達したときに、子宮内膜をしがみつく床面に適さない状態に調節します。従来のヤッペ法は、1970年代からある中容量ピルを用いた緊急避妊法です。レボノルゲストレルで妊娠する確率は85%でした。この結果から、アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、従来のヤッペ法よりも高い確率で緊急事態と呼べる状況での妊娠を防ぐことができる方法であることがわかります。

コンドームを装着し、しっかりと避妊対策をしていても、コンドームが破れてしまったという経験はありませんか?コンドームで避妊ができない確率は通常10%です。コンドームが破れて性行為をしてしまうと、次の月経まで不安な気持ちになってしまうかもしれません。そんな時に予期せぬ妊娠の毛嫌いをしてしまうのが、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を使用する方法です。アイピルは、従来の緊急避妊薬と違い、副作用が少ないのが特徴です。服用後4日以内、遅くとも2週間以内に月経のような出血があった場合3、これを消退出血といいます。これが避妊成功の判断基準とされています。

アイピルとノルレボの有効成分は同じで、結果も効果も五分五分ですが、価格に違いがあります。医療機関で緊急避妊薬を処方してもらうと1万円以上かかりますが、アイピルは1錠1,500円以下で購入できるので、経済的にも安心です。I-Pilのジェネリックは、先発品のノルレボより安価です。事前に避妊ヘマを考えて手配しておく必要があります。

レボノルゲストレルは、人工的に形成された黄体ホルモン(女性ホルモンの一種)である。すでに排卵が起こっているときは、レボノルゲストレルが配合され、子宮内膜の成長を促し、月経を強制的に起こし、摩耗床を抑制する。排卵前の場合は、分散して排卵を防ぎ、受精を阻止します。アイピルは、性交後に避妊を行うことができるアフターピルです。性交後72時間以内に使用することで、高い確率で緊急避妊を開始することができます。アイピルは服用が早ければ早いほど購入率が高くなるので、緊急時には熱中して早く服用することができます。

アイピルを含むアフターピルは、避妊に失敗した後に服用する避妊薬としては、最も早く服用することができます。アイピルをあらかじめ用意しておくことで、いざという時に慌てずに妊娠のリスクを回避することができます。アイピルに含まれる女性ホルモン「レボノルゲストレル(黄体ホルモン)」は、妊娠のプロセスに逆らう働きをします。レボノルゲストレルが体内にあることを感知すると、視床下部というホルモン分泌を抑制する部位に行動を指示します。視床下部がレボノルゲストレルの増加を感知すると、性腺刺激ホルモンの分泌が一時的に抑えられます。