マーベロンは第3世代の低用量ピルで、日本では「マーベロン」という商品名で知られています。第2世代の低用量ピルの優れた避妊効果はそのままに、ニキビやムダ毛、不正出血などの副作用が起こりにくくなるように改良されています。正しく使用することで、体の不安をコントロールしながら、望まない妊娠を防ぐことができます。また、マーベロンは性腺ストレスホルモンの1つに挙げられている卵胞負荷ホルモンの分泌を抑制する作用があります。これにより、卵胞負荷ホルモンの分泌が抑えられ、ホルモンバランスが変化することで、子宮内膜が様々な厚さに成長し、受精卵が被膜床を形成することができなくなるのです。

副作用は低用量ピルにより軽減されますが、マーベロン服用により吐き気や頭痛が起こるという発表があります。これらは軽度なもので、体が慣れてくれば軽減されます。有効成分のデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、排卵を抑制する効果と子宮内膜の状態を変化させ、くっつき床を発生しにくくする効果があります。また、再び、頸管粘液を動かすことで、精子が子宮内に侵入するのを防ぐ効果もあります。

低用量ピルは、排卵を制限してホルモンの流れを冷やすことで、PMS症候群(月経前不快気分障害)を改善します。これにより、月経痛や生理不順が緩和されます。日本では、マーベロンではありませんが、子宮内膜症に伴う月経困難症に対するピルが保険適用されています。マーベロンは、排卵を抑制する効果、子宮内膜の再生を抑え凝固床を形成させない効果、子宮頸管(子宮が突き破る入り口)の粘液をステージングして精子の参加を防ぐ効果の3つがあり、非常に避妊効果の高い薬です。また、マーベロンのような低用量ピルは、避妊効果だけでなく、生理痛や生理不順を考え直し、更年期障害を予防する効果も期待されています。

マーベロンには、月経のリズムを28日に保つ働きがあるため、毎月の生理の予定を立てやすくなります。旅行などで生理が重なるのが気になる方は、ノベロン服用間隔を書き換えることで、簡単に生理をずらすことができます。ノベロン(ゼロアップレートエロン)0.15mg+0.03mgは、服用中にホルモンの量が変化する三相性タイプの低用量ピルとは異なり、服用中のホルモン数が一定である単相タイプなので、摂取時に飲み間違う心配がないのが特徴です。そのため、摂取時の間違いがなく、安心して服用することができます。

女性の妊娠や月経には、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2つのホルモンが関与しています。マーベロンは、それぞれのホルモンを模倣し、デソゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を混入した人工薬剤です。特にデソゲストレルは、男性ホルモンとして作用する従来のプロゲスチンと比較して、アンドロゲン活性が低いのが特徴です。