抜け毛や髪の毛の少なさを抑えたいなら、フィンペシアを一緒に服用する必要があります。抜けやすい薬は金銭的な問題が尽きませんが、フィンペシアを選べば支払額を抑えながら治療を続けられます。AGAの抑制効果は、有効成分が体内に残ってこそ期待できるものです。症状が改善されて薬の服用を中止すると抜け毛が再発するので、根気よく服用を継続することが大切です。

プロペシアはピンク色の八角形の錠剤(本邦初公開は球形錠)、フィンペシアは白色の丸い錠剤です。両者の容量にほとんど差はありません。プロペシアを服用していた方がフィンペシアに変更する場合、ごく自然に同じように使用することができます。主成分のフィナステリドは、髪の成長を抑制するホルモンに作用して髪の成長を変え、抜け毛を減らし、これまで細くて短かった髪を太くて長い髪に生まれ変わらせる効果があります。日本での臨床試験では、被験者の98%が効果を示したという驚異的な実績があります。

毛根は、髪が抜けても5〜10年は残ると言われています。これを修正するためには、症状が気になる方はできるだけ早くフィンペシアによる治療を開始するのがベストです。フィンペシアの最大のメリットは、プロペシアよりも安価であることです。100錠を容器に混合し、1日の価格は約30円で、1錠200円前後のプロペシアに比べれば効率的です。プロペシア錠(フィナステリド錠)は、フィンペシアと同じ成分の育毛剤で、病気の人への効果を検証するために何度も臨床試験が行われたと考えられています。フィナステリドを1年間使用したところ、58%の人が発毛を実感し、40%の人が抜け毛が少なくなり、2年、3年と使用すると、効果を実感する人がさらに増えたそうです。

AGAの原因となる5αリダクターゼには、1型と2型があります。5αリダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンと結合し、毛母細胞(髪の元となる細胞)を攻撃します。DHT(ジヒドロテストステロン)、毛母細胞(髪の元)を攻撃します。多くの男性は20代前半からフィンペシアの服用を開始します。

フィンペシアには、先発医薬品であるプロペシアと同量の有効成分フィナステリドが含まれており、プロペシアの臨床試験において、AGAによる脱毛を抑制する効果が実証されています。フィンペシアは、有効成分としてフィナステリドを1mg含有する経口タイプの男性型脱毛症(AGA)治療薬です。フィンペシアは、日本ではAGA治療薬として有名なプロペシアの海外版ジェネリック医薬品で、インドの大手製薬会社シプラ社が製造・販売しています。フィンペシアはキノリンイエローフリーで、事故防止効果が高く、先発薬のプロペシアよりもリーズナブルなGETが可能です。