PDE5は陰茎の勃起と荘厳に関連し、ストッキング勃起の達成と配置されています。陰茎付近の動脈を弛緩させて勃起を促す効果のあるサイキックGMPと、サイキックGMPの役割を阻害することで勃起を蓄えるPDE5の分布を考慮して調節され、精力的な勃起を維持することができるのです。サビトラは、レビトラと同じ有効成分を含有するレビトラのジェネリック医薬品です。有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物で、酵素PDE5を決定的に阻害するPDE5阻害剤です。

ED治療薬を初めて使用する方や、有効成分配合率の高いカテゴリーの薬で副作用を経験した方におすすめです。サビトラは、バルデナフィルを有効成分とするレビトラのジェネリック医薬品で、EDの症状を改善する勃起不全治療薬の一種です。サビトラは、インドに本社を置く大手製薬会社サバメディカ社から販売されています。サビトラをはじめ、多くのジェネリック医薬品を世界中に供給している多彩な実績を持つ製造会社の製品なので、出来栄えも素敵だし、値段も安いという考え方が人気です。

サビトラをはじめ、多くのジェネリック医薬品を世界中に供給している実績のある製造会社が作った製品なので、出来栄えも可愛らしく、値段も安いと好評です。頭痛や鼻づまりなどの症状が治まらない場合や、明らかに体に異常がある場合は、服用を中止し、医師に相談する必要があります。PDE5は、性的興奮時に分泌される環状グアノシン一リン酸(cGMP)の化学反応に関与しています。cGMPは血管を拡張させ、流れる血管の数を増やしてペニスを勃起させます。PDE5がcGMPを分解すると血管が元の部位に戻り、勃起が緩やかになるのです。勃起は弛緩しています。そこでサビトラはPDE5の動きをブロックし、cGMPが細かく分解されるのを阻止することで、勃起を維持するのです。

サビトラの影響は、通常服用後15分前後で感じられます。即効性の持続時間は容量によって異なります。10mgで5時間、20mgで8時間持続します。有効成分バルデナフィルは、主に陰茎に存在するPDE5に作用し、他のPDEにはほとんど作用しないことを考えると、勃起誘発効果が吸収され、副作用が起こりにくいED治療薬といえます。サビトラはPDE5によるcGMPの分離を阻害し、しっかりとした勃起を促し、勃起を長時間持続させる効果があります。したがって、Savitraは媚薬や精力増強剤ではありません。摂取してもムラムラすることはなく、性的な鎮痛力の元を受け取って初めて勃起を起こし、ペニスの強度を高めることができるのです。

サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、ペニスの血管をコンパクトにするホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害する働きがあります。女性との急なデートや性交渉の機会が訪れても、効能が出るまでの時間を気にすることなく使用できるため、とても人気があります。性交渉の機会があっても緊張して勃起できない人は、いつでもサビトラを携帯してトラブルを乗り越えましょう。