最初に服用することで薄毛を治療するのではなく、6ヶ月以上継続して服用することでヘアサイクルが正常化し、抜け毛を予防することができます。プロペシアを180日以上継続して服用することで、「お尻の生え際の改善」「つむじ付近の毛にクラスを感じる」など、髪のスカスカ感を見直すことが期待できます。日本では、2005年に厚生労働省の認可を受けて以来、皮膚科などのAGA治療で公に使用・混合されています。しかし、AGA治療は受給診断であり、プロペシアの処方は生命保険の対象外であるため、割高な治療費がかかるのが一般的です。

プロペシアは、日本で承認・掛売りがされている成分を含む薬で、男性型脱毛症(AGA)の進行を抑制することができます。太くてコシのある髪を戻すことができます。プロペシアは髪の成長サイクルを改善させる効果があります。成長サイクルが整い、髪の健康状態が良くなっている時に、外用育毛剤を頭髪に使用するとより効果的です。プロペシアだけでも低成長の髪を改善することができますが、ミノキシジルを加えることでさらに育毛効果を高めることができます。

プロペシアは、男性型脱毛症の薬として初めて医学的に効果が確認された霊長類医薬品です。現在、日本では限られたクリニックや皮フ科で処方してもらうことができます。成分が均一な薬を掴みたいなら、クリニックで散財するのではなく、はじめから個人輸入でAGA治療薬を必須コストの3~4割で購入してみてはいかがでしょうか?安価なジェネリック医薬品であれば、1ヶ月1,000円以下でAGA治療が可能です。

1992年に前立腺肥大症(BPH)治療薬としてエリツカー(フィナステリド5mg)が、1997年にプロペシア(AGA)が承認されました。男性ホルモンの生成に関わる5αリダクターゼという酵素の働きを阻害するため、5αリダクターゼ阻害薬に分類されます。また、プロペシアは、悪玉男性ホルモン(DHT)のジヒドロ原型の生成を抑制することから、DHTブロッカーと呼ばれることもあります。

プロペシアは世界60カ国以上で承認されているため、問題なく安全に使用することができます。また、プロペシアは男性専用薬ですので、女性が使用することはできません。プロペシア(Propecia)は、メルク社(MSD)が開発したAGA(男性型脱毛症)治療薬で、有効成分としてフィナステリドを含有しています。もともとは前立腺肥大症の治療薬として作られました。その後、男性の毛髪不足の検査に有効であることがわかり、AGAの治療薬として製品化されました。

プロペシアは抜け毛の原因となるホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の増加を安定化させます DHTはもともとテストステロンという、誰もが持っている男性ホルモンです。テストステロンには脱毛を引き起こす作用はありませんが、5αリダクターゼという酵素と結合してDHTに変化すると、AGAの原因ホルモンとして作用します。フィナステリドを含む医薬品は販売承認されておらず、日本国内のドラッグストアでは類似の医薬品を購入することはできません。日本味覚音痴学会のAGA治療ガイドラインでは、フィナステリドが認定され、外用薬ミノキシジルと共に、程度の良いものごとに「A」に追加されています。