診察内容

結婚を控えた女性、妊娠を望む女性、人生設計の中に妊娠・出産の希望をもつ女性にお薦めする検査です。現在の健康状態を把握し、妊娠・出産に備え健全な身体に整えるお手伝いをいたします。下記1〜4の検査を行います。オプション追加も可能です。(これらの検査は妊娠が可能かどうかを検査するものではありません。妊娠を考える上で、障害となる病気や異常がないかをスクリーニングする検査です。)

1.子宮頚癌検査

最近、若い女性の子宮癌が増加しています。妊娠時の検査で初めて癌が発見され、妊娠の継続が不可能になるということがないようにしたいものです。

2.超音波検査・内診(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍など)

30代以降の女性、3〜4人に1人は子宮筋腫を患っているとされます。妊娠すると子宮筋腫は大きくなり、流産や早産の原因となります。また子宮内膜症は不妊症の原因のひとつですし、卵巣の病気なども存在しないか検査し、必要があれば治療しましょう。

3.性病(STI)検査

クラミジア、梅毒、淋病、HIV、性器ヘルペス、カンジダ、トリコモナス等の性病検査を行います。性病に感染したまま放置し、適切な治療を受けないでいると複数の性病に感染しやすくなり、不妊症となる可能性が高くなります。

4.栄養・健康検査

詳細な問診と約60項目にのぼる血液・尿検査を解析し、足りない栄養素や現在の健康状態を評価します。そのうえで、必要な栄養素のアドバイスや生活指導も行います。

現代女性はダイエットや誤った情報、ストレスなどにより、栄養バランスが悪いと言われています。妊娠を考えている女性は葉酸の摂取が推奨されています。サプリメントについてのアドバイスも行います。(御希望のかたはサプリメント購入も可能です。

 

オプション検査

卵巣予備能力検査

女性が妊娠可能な期間は限られています。もし子供を持ちたいと考えているならば、「いづれは」と先延ばしにしているうちに妊娠することが困難になってしまうこともあります。加齢とともに卵巣の予備能力は低下していきます。若くても、無理なダイエットや生理不順を放置していたために卵巣の予備能力低下していることもあり得ます。あなたは大丈夫ですか?

風疹抗体検査

風疹にかかった、もしくはワクチン接種はうけていますか?妊娠初期に風疹にかかると流産の危険が高くなるだけでなく、先天性風疹症候群といって胎児に先天的な障害や奇形をまねく可能性が高くなります。

B型肝炎/C型肝炎

B型肝炎ウイルス(SEXおよび輸血などで感染)およびC型肝炎ウイルス(主に輸血などで感染)は母体が感染していると、妊娠・出産時に胎児へ感染(垂直感染)する危険があります。

HPV(ヒトパピローマウイルス)検査

子宮頚ガンの原因のひとつであるヒトパピローマウイルスに感染しているかどうかを調べる検査です。性交経験のある成人女性の約8割が感染すると言われていますが、感染しても90%は免疫により自然治癒します。

性病(STI)検査のみ

ブライダル検診の中の性病検査のみを御希望の方。風俗関係のお仕事の方、コンドームの不使用のSEXの経験のある方にお薦めします。

料金表

ブライダル検診60000円
卵巣予備能検査10000円
風疹抗体検査5000円
B/C型肝炎ウイルス検査各5000円
ヒトパピローマウイルス(HPV)検査5000円
性病(STI)検査30000円

※ 上記検査料金には初診料及び再診料は含まれておりませんので、初診・再診代としてプラス5000円が必要となります。